サラサラ血液かどうかを検査する方法

血液の状態を調べる検査として、MC-FANという検査機器を使う検査が最もポピュラーなのではないでしょうか?MC-FANは色々な医療機関にありますから、検査をしやすくなっているというメリットもあります。

 

MC-FANというのは、血液がサラサラになっているかを調べるために、どれくらい血液が流れているのかを調べます。血液を採取して、毛細血管に見立てた細い管に流して、顕微鏡でどれくらいの速さで血液が流れているのかを検査するのです。

 

一回の検査で5ccと少量の血液を採取するだけですし、検査も1時間半程度で結果が分かるため、手軽に検査をしてもらうことができるようになっています。

 

ちなみに、このMC-FANというのは、血液がサラサラしているかどうかを調べるだけではなく、健康かどうかを調べることもできるようになっています。

 

ストレスを感じていたり、睡眠不足や喫煙などをしている、食事バランスが偏っているような生活をすると、赤血球の膜が固くなってしまったり、白血球が正常に機能しなくなってしまいます。さらに、血小板によって、血が固まりやすくなるため、どろどろした状態に血液になってしまうのです。

 

血液の状態を見ることによって、高脂血症や糖尿病などといった病気を調べることもできるようになるのです。

 

その日によって、血液の流れというのは違っています。血液がサラサラかどうかを調べてもらうために検査をしてもらう場合、前日にストレスを感じたり、睡眠不足になっているだけでも血液がドロドロしてしまったりするのです。

 

血液検査によって調べてもらうことによって、どのような生活をしていくのが良いのかというのが分かるようになります。

 

赤血球の膜が固くなってしまっている場合、あまり魚を食事で取り入れていないということが分かりますし、白血球がべったりしているのであれば、ストレスを普段から感じていたり、タバコを吸っているということが分かるのです。