枕選びによっては首コリになってしまうことも

首を痛めないようにするためにも、枕選びはしっかり行うようにしなくてはなりません。寝るときに使う枕によっては熟睡をすることもできないですし、体を痛めてしまったりします。

 

また、体に合っていない枕を使ってしまうと、かなりの負担が首にかかり、朝起きてから首コリの症状に悩まされるということだってあるのです。

 

どうして、枕によって首コリの症状が起きてしまうのでしょうか?

 

初めに、どうして枕が必要なのかについて知っておきましょう。枕というのは、横になっている時に立っている時と同じように、S字の姿勢を維持するために必要とされています。そして、そのS字を保つために、頭と首の位置を固定するために枕が使われているわけです。

 

この枕が高すぎてしまったら、顎を引いたような体制で寝なくてはならなくなってしまいますし、反対に低くなってしまうと、首よりも頭のほうが低くなります。これによって、椎間板にダメージを与えてしまったり、靭帯を伸ばしてしまうことによってね違ったように首を痛めてしまうことになるのです。

 

このように、枕というのは高すぎても、逆に低すぎても首に負担を与えてしまい、首コリなどの症状の原因になってしまうのです。

 

ですから、枕を買うときには、自分の首と頭が経った時と同じくらいの高さになるようなものを選ぶようにしましょう。さらに圧力をある程度加えてくれて、首の負担を軽減してくれる枕のほうが、首のコリを改善しやすくなります。

 

ストレートネックの改善は枕選びにある!

 

厄介なストレートネックを治すのも寝ている時の首の姿勢、位置がポイントです。ここを外さなければ意外とすんなり治るものなんです。首のこりと同様に特製の矯正枕を利用することをおすすめします。こちらのストレートネックを改善する枕おすすめランキング最新版にいくつか紹介されていますので参考にしてみてはどうでしょうか。