腸の健康を確認しよう

腸を健康な状態に保つようにしなくては、乳酸菌の活動を活発にすることはできません。ですが、年齢を重ねていくと、だんだん腸も機能しにくくなってしまうものです。

 

また、普段ストレスを溜めていたり、乱れた生活リズムの日々を過ごしていると、腸内環境がさらに悪くなってしまいますし、病気の原因に発展してしまうということもあります。

 

ですから、普段から自分の腸の健康を確認するようにしたほうがいいのです。どのようにして腸の健康を見ればいいのかが分かれば、腸の健康が悪いのを放置しにくくなりますし、腸の調子が悪くなっているのであれば対策だって考えることができます。

 

まず便の臭いがきつい、または黒色に近い色になっていないかを確認してください。便の臭いがきつかったり、固くて黒っぽい色になっているのであれば、腸がつかれてしまっている傾向が強いです。

 

また、肌のお手入れをしているのに、吹き出物やにきびが出来てしまっているという人の多くは、便秘になっています。便秘になってしまっているのであれば、善玉菌である乳酸菌を摂取するようにして、腸内環境を整えるようにしましょう。また、便をスムーズにするために、同時進行で食物繊維も摂取するようにしてください。

 

普段、乳製品や緑黄色野菜をしっかりと食べているかどうかも振り返るようにしましょう。このような食べ物を食べることも大切なのですが、朝食を食べなかったり、コンビニ弁当や外食が多い場合、腸の健康を崩しやすいです。また、肉中心の食事をしていると、悪玉菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

睡眠時間はしっかりと確保しているかどうか、そしてストレスは溜まっていないかどうかもチェックしてください。
睡眠不足やストレスも、腸の健康を崩す原因となっています。